アートスタジアムへの夢MYU↑からのメッセージ「コトバートしよう」LivePaintingの世界リンクブログへMYU↑通信MYU↑プロフィール絵画販売ページへ作品へTOPへコンタクトフォームへ



通信販売スタートにあたって!

こんにちは!

この度、絵描きのみゅう↑さんのホームページを運営する事にな
りました、管理人のあかりです。


創り手である彼女自身の思いや、願いについて、代わってここ
で皆様にお伝えできればと思います。

みゅう↑さんが本格的に画業に取り組んで、はや十年!
沢山の方に支えて頂き、今年の春には銀座のギャラリーTACTさんで、
この十年を振り返っての企画展が開催され、ご好評を頂きました。

おかげさまで、原画は高い評価を頂けるようになりましたが、
よくお客さんにリクエストを頂いてきたのは、購入しやすい複製の作品販売でした。
一概に複製といっても、様々な手法がありますが、今は、デジタル技術の向上により
適正な価格の複製画を、高画質で楽しめる時代だと思います。

みゅう↑さんは、絵を描く事は勿論、いろんな絵を観に行く事
や、関連グッズを集める事も大好きだそうですが、
以前に観に行った、好きな作家のシルクスクリーン(複製画)の展示会で、気にいった作品に見入っていると、スタッフの人に囲まれて、かなりしつこくローン・分割払いに
よる購入を勧められ、嫌気がさした経験があるそうで、私自身、周囲の方からもそのような話を聞きます。

そんな体験もあったので、みゅう↑さんが複製作品の制作に携
わる時には、
生活に密着して気軽に楽しんで頂けるものも創りたい、という
想いが常にあったそうです。

強引に買わせて人を後悔させたり、みる度に憂鬱になってしま
うような存在のアートなんて悲しすぎますし、作家自身の想いとは別の所で物事が進んでいってると強く感じます。
こういうのが、日常生活からアートを遠ざけるもとになってい
るんじゃないかな、と
みゅう↑さんと同じく、アートを愛する私は悔しい気持ちにもなりました。


これらの部分も含めて、みゅう↑さんの意思を尊重し、話し合
いを重ねた結果、

「気軽に四季の模様替えや、お部屋ごとや、気分によって掛け代えたり出来る
求めやすい価格の複製作品を創ろう。
作品をより多くの人達の手元にお届けできる体制を作っていこう。」

という、一つのコンセプトが運営側にもできました。

作品の販売ページに、作家である彼女がどの程度関わるべきか、
というのは難しい問題なのですが、

「自分の生み出した作品に対して無責任な事はしたくないし、出来る範囲内で関わり、
絵にそえたコトバと共に作品にこめた想いをネット上でも表現していきたい。
勿論、絵だけをみて、いろんな風に想像を膨らまして『こんな風に感じた、見えた』と言って
もらえるのも、絵描きの私としては嬉しいんですけど!」

というのが彼女の基本的な思いであり、願いです。


ですから、このサイト上で紹介している作品についても、
できる限り、皆様の目で見て楽しめる様にレイアウトしています。

後々は、昔ながらの製版方法で、シリアルナンバーとサインを
入れた限定作品を販売していく予定もありますので、乞うご期待!

それでは、いよいよみゅう↑ワールドのはじまりです!

お楽しみ下さい!

管理人